インバウンド

コールセンターの業務の一つに“インバウンド”というものがあります。これはかかってきた電話の応対をする業務です。1ヶ月間の長い研修の成果をいよいよ披露する時です。非常に緊張する瞬間でもあります。しかもすべて会話は録音されていると思うと尚更です。しかし一度電話に出てしまえば、意外とスムースに進んでいくものです。コールセンターの業務はお互いの顔が見えない分、声に表情を作っていかないといけません。“お客様は神様です”というフレーズがありましたが、正にその通りです。最初のうちはマニュアル通りに会話しなければいけないというのが常に頭にあるので、どうしてもぎこちなくなりがちですが、徐々に許容範囲のアドリブも出てきます。