祝電で気持ちを伝える

私は子供のころに祖父から誕生日プレゼントとして祝電をもらったことがあります。
その祝電は、その当時私が大好きだったアニメのキャラクターの人形がついてくるというもので、とても喜んだ記憶があります。
その電報を私がとても喜んだということが祖父にも伝わったようで、翌年も同じような電報をもらったので、私にとって祝電というものはもらうととても嬉しいものという感覚が出来上がっています。
さて、私もプレゼントをもらってばかりではなく、他人に渡す側の人間になってきたのですが、いつか私がもらってうれしかったように、同じように喜んでもらえる電報を送りたいと思っています。
自分の気持ちを他人に伝える手段として電報というものが活用できると嬉しいですね。